不動産を早く売りたい(不動産買取)

- buy - 不動産買取の概要とメリット

西宮市・芦屋市を対応するエイエムスター不動産では、スピーディーな売却を実現できる不動産買取に対応しております。仲介売却に比べて価格が下がるなどのデメリットはありますが、売却をお急ぎの方や、何らかの事情で即時現金が必要という方にはおすすめです。こちらのページでは、そんな不動産買取の概要やメリットに加え、実際の契約までの流れについて解説いたします。

不動産買取とは?

不動産買取とは?

不動産売却においてもっとも一般的な手法である仲介売却。しかしこの手法は、買い主様ありきで売買が成立するため、まずは販売活動によって購入希望者を広く募り、その上で条件交渉を行うという手間・時間がかかるのがネックです。一方、不動産買取は不動産会社が直接買い主様となる方法。つまり、不動産会社が売り主様から直接不動産を買い取ることになります。
たとえばすでに引っ越しの予定が決まっており、早く現居を売ってしまいたい場合には、不動産買取は非常に有効です。そのほか、不動産を即時現金化したい場合や、相続や離婚などによって財産を分ける必要がある際にも活用できます。ただし、仲介売却に比べて売却価格は一般的に安くなります。

不動産買取を選ぶメリット

01
仲介手数料が不要になる

不動産会社が買い主様となる不動産買取においては、間に入る業者は存在しません。そのため、仲介売却で必要となる仲介手数料が不要。もちろん、媒介契約を結ぶ必要もありません。

02
短時間売却が期待できる

不動産物件の状態にもよりますが、多くの場合不動産買取は即時売却が可能です。仲介売却のように販売活動や条件交渉のための期間もいらず、スケジュールを柔軟にコントロールできます。

03
瑕疵担保責任が免責になる

仲介売却によって不動産を売却する際、売り主様は買い主に対して瑕疵担保責任を負うことになります。これは、売却後に見つかった瑕疵に対して売り主様が保証を行うというもの。一方、不動産買取の場合は買い主様が不動産会社ということで、瑕疵担保責任は免責になります。

04
内見対応の手間がない

購入希望者が内見を希望する場合、仲介売却ではその対応に追われます。当日はもちろん、物件を魅力的に見せるためのメンテナンスも行わなくてはなりません。不動産買取の場合は、査定時に内見が済んでいる状態であるため、こうした手間が不要です。

05
不人気でも売却の可能性がある

築古で立地が悪いような不動産物件は、市場に出したとしても買い手がつかない可能性があります。一方、不動産会社であれば価格はともかく、売買成立に至る可能性が高いです。

買取保障について

仲介売却と不動産買取にはそれぞれにメリット・デメリットがあり、不動産売却を行おうという際にはどちらを選べばいいか迷われる方も多いでしょう。こうした際に活用したいのが買取保証です。

この手法では、はじめに通常どおりの仲介売却を行います。ここで買い主様が見つかればそこで売却は完了です。しかし、事前に決めた期間中にどうしても買い主様が見つからなかった場合には、不動産会社が不動産買取を行ってくれます。

「できるだけ高く売りたいけど、タイムリミットが決まっている」
「そこまで急ぎではないけど、いつ売れるか分からないのは不安」

上記のようなご要望がある方にとってはメリットも大きいので、ぜひご活用ください。

買取の流れ

01 売却の相談

まずは売却に関するご相談を承ります。この際には、以下の点についてご説明を差し上げます。

  • おおよその売却価格
  • 必要となる費用・税金
  • 解体・測量・修繕の必要性

なお、ヒアリングの内容次第では、仲介売却や買取保証をおすすめすることもございます。それぞれの条件に最適なご提案を差し上げますので、ぜひご相談ください。

02 買取価格の提示

売却をご希望される不動産物件を直接拝見し査定を実施。その結果をまとめ、買取価格をご提示します。提示額についての根拠などについてもていねいにお答えしますので、ぜひご質問ください。

03 不動産買取契約の締結

買取価格にご納得いただけましたら、当社との間で買取契約を締結していただきます。引き渡し時期についても柔軟に調整いたしますので、遠慮なくご要望をお伝えください。

04 精算

買取契約締結語に精算を行います。買取価格のご提示から最短3日での対応が可能です。なお、住宅ローンの残債がある場合は、お引き渡し時に抵当権の抹消手続きが必要です。代行を行う司法書士のご紹介も可能ですので、ぜひご相談ください。

無料査定はこちら [受付時間] 9:30~17:30 [定休日] 水

TEL:0120-72-8270

無料査定はこちら

お住まいを
お探しの方はこちら>>